子供自転車のスタンド

子供自転車の補助輪を外すことになったら、次はスタンドを付けなければいけません。スタンドには、1本タイプと両立タイプがあります。どちらにも長所短所があるので、周りの親・子供の意見を聞いて決めるといいでしょう。
自転車に乗れるようになると、行動範囲が広くなります。くれぐれも、事故に合わないよう気をつけてください。
スポンサードリンク

子供自転車 スタンドの種類

子供が自転車に乗れるようになるのには少々時間がかかります。教えることはたくさんありますからね。

乗る・走る・止まる。それだけでなく、自転車のスタンドをはずす・立てるということも出来るようにならなければなりません。意外とコレがスムーズにいかない子供が多いようです。特に女の子。

自転車のスタンドには、両立タイプと1本タイプの2種類があります。

1本スタンドは、簡単ですよね。子供自転車は軽いとはいえ、子供にとっては重いものです。持ち上げることの無いこのスタンドの方が、子供でも簡単に自転車を止めることが出来ます。しかし、バランスを崩して倒れやすいという欠点もあります。

両立スタンドは、自転車を持ち上げなければいけません。慣れるまでに時間がかかるかもしれませんが、バランスを崩して倒れるということは少ないでしょう。

安全を考えて両立スタンドにするのか、やりやすさをとって1本スタンドにするのか…悩む親御さんは多いようです。子供の意見を聞いて付けるのが一番だと思いますが、初めてのことなので子供も悩んでしまうかもしれませんね。

子供自転車のスタンドはそんなに高いものではありません。安いものを見つければ、1000円以下で購入できます。 両方とも買うのも有りかもしれませんね。



子供自転車のスタンドについて

子供自転車の補助輪を外すことになったら、次はスタンドを付けなければいけません。スタンドには、1本タイプと両立タイプがあります。どちらも長所・短所があるので、悩む人は多いと思います。

自転車のスタンドの付け方はとても簡単で、女性でも付けることが可能です。だいたい10分程度で出来るのではないでしょうか?購入したスタンドに、取り付け説明書が付いていると思います。不安なお母さん方は、お父さんか自転車屋さんに持っていけば確実ですね。

スタンドの値段ですが、どちらのタイプも1000円以下で購入することが出来ます。色は黒かシルバー。自転車の色に合わせたい場合は、シルバーのスタンドを購入して自分でペイントするのもいいかもしれませんね。

購入する際、インチをしっかりと確認しておきましょう。大きいもの小さいものを間違えて買って『ハマらない!!』とならないように…。

今乗っているものが小さくなってきていたら、子供自転車ごと新しくすると楽です。そのときは、子供にあった自転車選びをしましょう。子供の好みだけで選んではいけません。

自転車に乗れるようになると、子供の行動範囲は広くなります。くれぐれも、事故に合わないよう気をつけてください。


関連商品・グッズをお探しなら


Copyright (C) 暮らしのワンポイント知識 All Rights Reserved